夏バテや野菜不足の対策に│ブルーベリーや青汁が最適です

夫妻

記事一覧

眼精疲労を回復させよう

果実

ブルーベリーは特に眼精疲労への効果で有名ですが、その種類によって適正摂取量が変化します。生のブルーベリー、乾燥ブルーベリー、ブルーベリージャムなどそれぞれの適正量をふまえて摂取することが大切です。

詳細を確認する

健康飲料で美しく

飲み物

青汁によって含まれている成分は違いますが、主にケールや大麦若葉、明日葉というものが原材料で構成されています。それらの共通点として、美肌効果やデトックス効果によりダイエットをうながすこともできるようです。

詳細を確認する

夏も体力を維持するには

男性

夏の暑い時期が続くと、夏バテになる人が増加してきます。夏バテになると仕事が手につかなくなるし、不眠などに発展して、日常生活全般に影響が及んでしまいます。そうならないために、普段の食生活から気をつかうことが必要です。しかし、暑い日が続くと、ざるそばや冷麺といった冷たくて軽いものが食べたくなり、栄養がかたよってしまします。そうなると余計に夏バテが加速してしまうので、他の方法で栄養を補給することが必要になってきます。ウナギや肉類も夏バテには効果的な食材ですが、これらは値段が高いので、あまり頻繁に食べることはできません。また、これら食材が好きで食べすぎても、同様に食生活がかたよってしまうので、健康にはよくありません。野菜なども積極的に消費しながら、バランスがいい食生活を心がけることが大切です。野菜として夏バテに効く食材としてはトマトが有名です。トマトなら冷麺として冷やし中華にいれてもいいですし、素麺をすすりながらトマトをつまむのもいいでしょう。このように、喉越しのいい麺類と合わせてとることが、夏バテの防止につながります。また、沖縄では夏バテ対策として古くからゴーヤを食べているようです。ゴーヤには夏バテを防止する成分が含まれているようなので、最近はゴーヤジュースという健康飲料もでてきています。ゴーヤジュースにはリンゴや柑橘類などを入れて、苦味がおさえてあるものもあるので、ゴーヤに苦味が苦手な方でも美味しく召し上がることができます。また、青汁のような苦い健康飲料もゴーヤと同様に夏バテ防止の効果がるようです。

野菜を簡単にとる方法

食材

忙しくて野菜があまりとれずに、野菜不足で悩んでいる方は、栄養サプリメントや野菜ジュースで野菜を摂取することがおすすめです。これらは場所にしばられずに、簡単にとることができる点がメリットです。

詳細を確認する