夏バテや野菜不足の対策に│ブルーベリーや青汁が最適です

レディー

眼精疲労を回復させよう

果実

ブルーベリーには様々な効果があるといわれています。有名なのは眼精疲労への効果です。目の疲れを癒し、人によっては視力回復などの効果があるといわれています。また、他には血管を強化したり、血の巡りをよくしたりする効果が認められているそうです。また、近年は高齢者の方にも効果があるという研究結果が出されており、認知症予防の観点からも注目を集めています。しかし、多くの方は眼精疲労への効果を期待して摂取しているようですが、実はブルーベリーの種類によって、摂取すべき量が違うのです。まず、生のブルーベリーは約60gから300gまでの摂取が理想的とされています。しかし、ブルーベリーだけを毎日そのまま食べるのは、苦しいという方も多いかもしれません。そこで、朝食のヨーグルトなどに入れて食べるといいかもしれません。ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれているため、お腹の調子を良くしたいと考える方には、一石二鳥と考えることもできます。また、乾燥ブルーベリーだと約12gから25gが最適だとされています。乾燥ブルーベリーはスーパーなどでドライフルーツとして販売されているので、気軽に手に入ることができます。しかし、ドライフルーツによっては大量に砂糖がまぶしてあるものもあり、それを摂取し過ぎると、体によくありません。なので、できるだけ無添加のものを選ぶといいでしょう。また、乾燥ブルーベリーはウイスキーなどのおつまみなどにも相性がいいので、試してみるのもいいかもしれません。ただし、お酒の飲み過ぎには注意する必要があります。ブルーベリージャムで摂取するときは約40gから90gがいいとされています。ブルーベリージャムは日本人が最も馴染みのあるブルーベリーの摂取方法だと思います。よくパンなどにつけて食べる方が多いと思いますが、これも乾燥ブルーベリーと同様に砂糖が大量に入っているジャムもあります。砂糖の取り過ぎは体に良くないので、購入の際は成分表示などに気をつけることが大切です。